予防歯科・歯を削らない、痛くない治療 さくま歯科医院 千葉船橋 下総中山の歯医者|下総中山駅徒歩2分

口腔外科

Subtitle

親知らず

親知らずは第三大臼歯といい、はえてくる場合とはえてこない場合があります。
歯肉に炎症を起こしたり、かみ合わせの障害になったり、隣の歯へ虫歯など影響を及ぼすことがあります。

親知らず

写真は親知らずに接している第二大臼歯の像で、後ろの面に大きなむし歯があり、口の中で鏡をみてもこの位置のこの虫歯はみつからないことが多く、大きく穴が開いてきてから凍みたり欠けたり痛くなって気づきます。
自覚症状が出たときにはこの位置のむし歯ですと大幅な切削や根管治療を要することが多いです。
親知らずのすべて対し抜歯をおすすめすることはありませんが、抜歯しないでおく場合は定期的な画像撮影を行うなど、むし歯や歯周炎の有無の確認をする必要があります。
口腔外科の経験を活かし、当院では埋伏智歯の抜歯を行っておりますので気になる方はご相談ください。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりは無意識に生じることが多く、睡眠時は自分で意識的にやめることは困難です。
食いしばりは体重の数倍の力が歯に加わるとも言われ、過度の負担により歯周組織へダメージとなり歯周病を進行させてしまう因子となり得ます。
また、や歯が割れてしまうこともあり、むし歯でもないのに大きな治療を要することがあります。歯ぎしり用のマウスピースにより、上下の歯がすり減ったり特定の歯に過大な力がかかりすぎないように保護します。歯がすり減っている、虫歯はないのに歯がしみる等症状があればご相談ください。

顎関節症

顎の関節が痛い、音が鳴る、開けづライなど、関節や周囲の筋、組織に異常がある状態です。原因はメカニカルストレスなどが考えられています左右均等に咬合していないなど、顎に無理な力がかかっていることが多くみられます。また、無意識に上下の歯を持続的にに接触させる癖を「TCH(Tooth Contacting Habit、歯列接触癖)」と呼び、パソコン作業など何かに集中しているときに起こりやすくなります。顎や歯に負担がかかり、顎関節症や歯の痛みなどの原因になるといわれています。
無意識のうちに起こる癖ですから、その癖を自覚して改善することが大切です。そのために有効なのが、メモを貼り、自分に歯を接触していることを気づかせることが必要です。
「歯を離す」、「リラックス」などと書いたメモを、パソコンやデスク、テレビ、ドア、冷蔵庫など、目につくところに貼りましょう。そして、メモを目にしたときに上下の歯が接触していたら、鼻から大きく息を吸った後に口から一気に吐き、肩の力を抜きましょう。こうすることで、上下の歯を接触させる癖を減らすことができます。

睡眠時無呼吸症候群

閉塞性無呼吸症候群(OSAS)は上気道や咽頭周囲の閉塞のため口や鼻での無呼吸となるような場合をいいます。呼吸再開時に大きないびきをかくのが特徴といわれておりより正確な診断は呼吸器内科などの睡眠時無呼吸外来などで確定されます。オーラルアプライアンスとよばれる口腔内装置を夜間装着し下顎を前方に移動して固定することで症状の改善を図ることができます。

本疾患では鼻マスク式持続陽圧呼吸(NCPAP)が第一選択とされていますが軽症から中等症やNCPAP使用が困難である患者さんの場合は確立した治療法のひとつです。
本装置は医師による閉塞性睡眠時無呼吸症の診断と依頼(紹介状)があればオーラルアプライアンスは保険適用となります。

ドライマウス

ドライマウスに対し、診断の中心的な役割を果たすのは、口腔のスペシャリストである歯科医です。まず、問診・触診のほか、口腔内診査や唾液量検査などを用いて複合する病因を特定していきます。次に糖尿病や更年期障害、薬の副作用など、複数の原因に対してさまざまな治療法を組み合わせ、その要素をひとつずつ取り除いていくことになります。

歯科での実際の治療には、人工唾液や保湿ジェルなどを用いる対症療法、唾液分泌促進剤による薬物療法、筋機能療法などがあります。

しかし、ドライマウスは全身疾患のひとつの症状として口腔に現れることが多く、歯科と医科の連携が非常に重要です。ドライアイ(乾燥性角結膜炎)を併発しているなら眼科医と、更年期障害なら婦人科医と連携して患者さんを診ていきます。高血圧症に用いられる降圧剤はよく口の中が乾きますが、この治療薬を服用している場合は循環器内科と連携し、薬剤の変更や減量で対処していきます。また、シェーグレン症候群であると診断されれば、膠原病を専門とする内科医の協力を得ることになります。

このようにドライマウス治療においては歯科医が窓口になります。口の乾きを覚え、生活の不便さえも感じるようになったらお近くの歯科医に相談していただきたいと思います。
ドライマウスとは、唾液の量が減少したりすることによって起こるお口の中の乾燥感です。しかし、原因や症状は多種多様なので、あなたの病気をドライマウスと診断することは簡単ではありません。

私が患者さんにドライマウスお話をする場合には“水分が減った人”と“唾液が作れなくなった人”がいると説明しています。前者は唾液を作る能力は正常であるのに体の水分が 減ってしまったため口が渇く人です。糖尿病の方、口呼吸をしている方などにみられます。後者は唾液を作る能力が低下してしまった場合で、安定剤や血圧を下げる薬を飲んでいる方、最近話題のシェーグレン症候群の方になどに多くみられます。また、ドライマウスは、原因を問わず中年以降の女性に多くみられるという特徴があります。

この様に一概にドライマウスといっても原因がいくつもあり、原因によって治療法が異なります。よく検査をする必要があります。

しかし、ドライマウスはまだよく判っていないところの多い病気で、専門家も少ないのが現状です。そのため、自分の病気がドライマウスだと判るまで、何年も悩み続けていた方もいます。「年のせいだ」とか「気のせいだ」、中には「頭が変になったんではないか」といわれ悩んでいた方もいました。

舌が痛い・ざらざらする、乾いたものは食べられない、味がよく分からなくなった、いくら調整しても入れ歯が合わないなどの症状が有ればドライマウスを疑ってみてください。

ドライマウスについて、各項目で詳しく説明していますので、あなたもドライマウスについて知識を高めましょう。

歯根端切除

歯根の先端に炎症があり、かつ、長い土台が接着されている場合で根管治療が困難である場合や歯根嚢胞等が形成されている歯では炎症を除去できないことがあります。歯を温存するための処置として外科的に歯根の先端と周囲を取り除く治療です。歯根は若干短くなります。根管治療が奏功しない場合の選択肢として必要があれば同意の上この処置を行います。