予防歯科・歯を削らない、痛くない治療 さくま歯科医院 千葉船橋 下総中山の歯医者|下総中山駅徒歩2分

入れ歯(義歯)

Subtitle

入れ歯(義歯)

義歯は歯を補う手段だけでなく、口腔の機能(構音・審美・嚥下など)の回復に関わります。
歯があったころに比べて義歯にすると咬みづらくなります。
現在義歯をお持ちの患者さんについては新しく義歯を作製する際に義歯への要望をお聴きします。
少しでも早く慣れて使えるように調整を行います。
義歯の作製には、口腔内の前処置・歯型の採得(1~3回)・かみ合わせの採得。試適(歯並びの確認)・そして義歯完成(お渡し)、というステップがあります。義歯の設計は一つではないことが多いので最善の治療を提供できるよう説明につとめます。
「保険適用の義歯」: 義歯床はプラスチックでできています。ばねの形や材料は少ない選択肢の形態から選択するよう決められており、設計に制限が出てきます。厚みがある、見た目が気になる等不便な点はありますが、保険外の義歯に比べ治療費は安価です。

「金属床義歯」:保険適応の義歯に比べて薄くすることができるので、口の中はより広がったような感じがします。熱伝導率はプラスチックより高いので熱いものは熱く、冷たいものは冷たく感じます。部分入れ歯の場合はバネの形態の選択肢が増えるため、ご自分の歯に優しい設計ができます。

「ノンクラスプ義歯」:前歯の見えやすい範囲に金属バネを見せない入れ歯です。よく見ると歯茎の色に近い材質で歯を囲む設計になっています。外出用に適しています。

「マグネット義歯」:自分の歯を根だけ残し、表層に磁性材料を取り付けて置き、これに合わせて義歯を作製します。完成後、磁性材料と対応する部分(義歯の内面)に磁石構造体を取り付け吸着力だけでなく磁力による維持安定を図れます。

「インプラントオーバーデンチャー」:インプラントを顎骨に埋入し、その支えにより上に乗る義歯をインプラントで維持安定させる方法です。顎骨が減少し義歯が吸着しづらい場合でもこの方法ができると動きがほとんどない義歯が作れます。また、欠損本数が多く、インプラントがその本数まで入れられない場合にもよく用いられます。

差し歯

差し歯について 天然の歯根に土台を取り付けてさらにその上に歯の形をした修復物を取り付ける方法です。土台はとても重要で、その選択が歯の寿命に大きくかかわることもございます。メタルで作る場合、スクリューで作る場合は割れやすい等の歯根へのダメージが大きく、歯根が割れてしまうことがよくあるのですが、グラスファイバーで作る場合は天然歯の固さに近いので、、歯根をできるだけ亀裂を作らないよう保護するうえではファイバーでできたポストがおすすめです。
その上に被せる材料は多岐にわたるため別添に記載いたします。